So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「砂時計」の彼が主演・未来予想図 [新情報]

 誰もが耳にし、口ずさんだことがある、ドリカムのこの曲を、今の若い人は、知っているのだろうか?

私自身、主人との初めてのデートに、このCDを持参した・・・という、思い出の曲なのです。

遠距離恋愛のスタート。700キロ離れていた私たちは、日光へ。

車内で聴こう・・・と思い、わざわざ用意したそのCDは、「彼はドリカムは聞かないだろうな・・・」という勝手な思い込みのもと、1度も私のバックから出ることはなかった。

後日、この話を彼にしたところ、「自分も好きな曲だから、かければよかったのに・・・」と。

でも、いま思うと、初デートに車内で二人きりで聞くには、ちょっと、照れくさすぎるような・・・・

やっぱりあの時には、出さなくて良かったかな~っと、懐かしむ私なのです。

その思い入れの深い曲が、映画になって登場とは・・・・

夢の中で、何度と、この曲の歌詞に私と、彼を当てはめ、素敵な創造にひたり、ため息をついていたことか。

映画化され、ちょっぴり嬉しい私です。

でも一緒に見に行くのは・・・・・彼ではなく・・・・

「ママ、行こうね~だって「砂時計」の彼が主演だから・・・」

といっている、10歳になる、むすめになりそうです。

松竹 「未来予想図」全国共通特別鑑賞券 icon iconicon

 

未来予想図
~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~
ほら 思ったとおりに かなえられてく・・・

宮本さやかは、印刷会社に勤める普通のOL。

大学時代からの恋人・福島慶太はスペインの建築家・ガウディに憧れ、建築事務所で働いている。

口下手だが、自分の夢をひたむきに追い続ける慶太の言葉に後押しされ、一度は断念した雑誌編集者を目指し、転職活動を始めるさやか。

面接で不器用ながらも自分の思いを説明するさやかは、面接官・後藤の目に留まり採用されることに。

だがそんな矢先、慶太にスペイン赴任の話が持ち上がる。それぞれの夢を追う二人は、別々の道を歩き始めていた。

恋愛、仕事、家族、将来の夢。年齢を重ね、大切な物が増えれば増えるほど、大きく変わっていく二人の“未来予想図”。

大切な人にもう一度、「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」を届けることはできるのか?

[原作] DREAMS COME TRUE [製作総指揮] 松本輝起 [監督] 蝶野博 [脚本] 狗飼恭子/志羽竜一 [音楽] 岩代太郎 [出演] 松下奈緒/竹財輝之助(砂時計・主演)/原田泰造/西田尚美/関めぐみ/藤井美菜/加藤雅也/石黒賢/松坂慶子 
松竹 2007年日本 オフィシャルサイト:
http://www.miraiyosouzu.jp/

リンクシェア レビュー アフィリエイト


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。